県庁薬剤師転職ナビ

県庁の薬剤師が人気な理由

県庁の薬剤師の特徴は何と言っても公務員採用であることでしょう。福利厚生やボーナス、休暇など働きやすい環境が整っているのが人気の理由です。希少案件なので競争率は高くなりますので転職サイトを活用するのがオススメです。

例えばリクナビ薬剤師なら県庁の薬剤師求人もしっかりカバーしていますし、面接対策などのバックアップも万全です。キャリアアドバイザーと二人三脚で確実な転職を実現できますよ。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬剤師は、大手企業のリクルートグループが運営している薬剤師専門の求人サイトです。600万円以上の求人が多く、アドバイザーが親身になって転職のお手伝いをしてくれるので、はじめての方でもスピーディーに転職することができます。また県庁薬剤師といった特殊な求人も、ここなら簡単に見つけることができます。自分に合った好条件求人が見つかること間違いありません。キャリアアップを目指している方は必見です。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフは、東証一部上場の転職支援サイトです。薬剤師の求人のみを取り扱っているため、県庁薬剤師のような珍しい求人も簡単に見つけることができます。特徴は、好条件案件+業界最大級+全国展開の3つ。年収700万円以上の高収入求人も多数用意していますから、転職には最適でしょう。また、専門のコンサルタントがあなたに合った求人を見つけてくれます。言いだしにくい条件交渉も、仲介に入ってくれるので安心です。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
エムスリーグループの薬剤師求人専門サイト『薬キャリ』。2012年度には登録者数No.1を記録しており、高収入・土日休み・残業なし・通勤ラクラクといった好条件の求人ばかりが揃っています。また、ハローワークや求人情報誌などには掲載していない県庁薬剤師の求人も、薬キャリなら応募できます。キャリアアップを目指している方、希望の条件で転職したい方にはぴったりの求人ばかりでしょう。専門のアドバイザーがいるのも助かります。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師は、薬剤師転職支援サービスとして4年連続でNo.1を獲得している人気のサイトです。大手企業というのも、安心して利用できることのひとつ。調剤薬局やドラッグストアといった一般的な薬剤師求人はもちろんのこと、県庁薬剤師の求人も取り扱っているので、薬剤師として新たな経験をしたい方にはピッタリでしょう。また、転職お役立ち情報や相談会もあるので、はじめて転職される方でも安心です。プロのキャリアアドバイザーもついています。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師としてもっと上を目指したい方のための求人を紹介している薬剤師転職ドットコム。3人に2人はプレミアム非公開求人から希望の転職先を見つけているほど、成功率の高い転職サイトになります。そのため、県庁薬剤師といった一般の求人ではなかなかない珍しい求人も掲載しています。また完全無料で専門コンサルタントが満足いくまでサポートしてくれるので安心。高収入・土日休み・残業なしなどの求人を探している方は必見です。

県庁の薬剤師の求人は見つかるか?

県庁の薬剤師は、いわゆる公務員薬剤師のことをいいます。そのため、一般的な調剤薬局やドラッグストアなどの薬剤師に比べ求人が少ない傾向にあります。また、県庁薬剤師として働くには公務員の試験に合格しなければいけません。

まず、県庁薬剤師の求人を探す前に『県庁薬剤師とはどんな薬剤師なのか』『どんなメリットがあるのか』というのを見てみましょう。勤務先は、国立・公立病院、自治体、保健所、役所などが主にあげられます。なかでも求人募集が多いのが自治体や保健所です。いくつかの部署に分けられており、医薬品・医療機器などの品質管理や献血推進、麻薬や覚せい剤などの違法薬物の乱用防止、住民の相談対応、情報提供などに携わります。部署は大きく2つに分けられ、医薬品や医療機器、薬物の乱用防止などに携わる場合は薬務課、住民の相談対応や情報提供、介護保険制度の運営などに携わる場合は保健福祉事務所になります。保健所は女性の薬剤師も多く、活躍しやすい場でもあります。県庁の薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアなどで働く薬剤師のような調剤業務や服薬指導などがないため、きちんと理解して転職しないと失敗します。とにかく業務範囲が幅広いのが県庁薬剤師ですが、そのぶんいろんな経験ができるのでやいがいを感じやすいでしょう。

どんなメリットがあるのかというと、昇給しやすい・ボーナスがある・福利厚生が充実している・退職金がある・休暇を取りやすいなどがあげられます。県庁薬剤師は、先にも述べたように公務員です。公務員は毎年昇給やボーナスがありますから、勤続年数が長くなるほど良い給与を受け取ることができます。ただそのぶん、初任給は低いといわれていますが、将来的に給与・年収がアップすることを考えるとメリットになるでしょう。そのうえ、待遇や福利厚生が充実しています。

では、県庁薬剤師の求人の数はどうでしょうか?これに関しては、冒頭でも述べたとおり一般の薬剤師に比べると多くありません。またハローワークや求人情報誌などの掲載もないため、専門の求人サイトで探すことになります。しかし、前途のとおり専門サイトなら県庁薬剤師の求人も多数掲載されていますから、希望に沿った求人を見つけることができるでしょう。

ちなみに、県庁薬剤師の公務員試験は、職種によって国家公務員・地方公務員に分けられます。求人のほとんどが地方公務員ですが、国家公務員総合職や食品衛生監視員、麻薬取締官などを目指すのであれば国家公務員の試験に合格する必要があるでしょう。


Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.