県庁薬剤師の仕事内容

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師の仕事内容

県庁薬剤師の仕事内容

県庁薬剤師とは、行政機関で働く薬剤師のことをいいます。薬剤師というと調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業などの求人が多いですが、県庁薬剤師の求人も行っています。薬剤師求人のなかではマイナーですが、公務員なので安定しており、十分資格を活かすことができます。

そんな県庁薬剤師の仕事内容は、保健所・研究所・薬事情報センター・自衛隊薬務官・麻薬取締官などがあげられます。これら業種も細かく分類されており、保健所は薬事衛生・食品衛生・生活衛生・試験検査などを行います。これらの仕事を管轄している地域で情報収集や管理などを行い、地域の公衆衛生を維持することを目的としています。メリットは、地方公務員なので雇用が安定していることと、残業が少ないこと、さまざまな業務に携われることなど。一方でデメリットは、給与が安いことや配属される部署によって薬剤師としてのキャリアをなかなか活かせないことなどがあげられます。ですから、薬剤師としてキャリアアップしたい方には少し不向きかもしれません。しかし地方公務員で安定していますから、長い目で働きたい方には良いでしょう。

研究所は、主に環境衛生科学研究所で勤務することが多いでしょう。しかし、研究領域は地域によってさまざまなため、環境衛生科学研究所以外の勤務になる場合もあります。ここでは、試験研究や創薬探索研究、大気・騒音・水質測定などが基本の仕事になります。専門性が高まり、研究した成果は公共衛生に活かされることからやりがいを感じやすいというメリットがあるでしょう。

薬事情報センターでは、管轄している地域の保健衛生の維持や向上、薬剤師以外の医療関係者の問い合わせに対応することになります。もちろん、一般の方々の対応にも答えなければいけません。またDI業務も薬事情報センターで働く薬剤師の仕事内容といえるでしょう。

そして、自衛隊薬務官です。あまり知られていませんが、ここでも薬剤師の存在が役に立ちます。主に隊内の薬務を担当し、隊員の健康を守るのが主な仕事になります。また、食品衛生や環境衛生なども、薬剤師の大切な仕事のひとつ。ただ自衛隊薬務官は、県庁薬剤師のなかでは薬剤師としての専門性を活かすことができますが、自衛隊員の一員としての職務をこなさなければいけないため、自衛隊に興味がなければ難しいでしょう。

麻薬取締官で働く薬剤師は、非常にマイナーです。その名のとおり麻薬犯罪の捜査や正規麻薬の不正使用などに携わることになります。そのため、一般的な薬剤師の仕事とは大きく異なるでしょう。特殊な仕事であるため、敬遠される方も少なくありません。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.