県庁薬剤師の給料・年収

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師の給料・年収

県庁薬剤師の給料・年収

県庁薬剤師は、いわゆる公務員薬剤師になります。また仕事も幅広く、ひと口に県庁薬剤師といってもさまざまです。そのため、給料や年収も勤務先によって変わるでしょう。

主にあげられるのは、保健所や研究所、麻薬取締官など。なかでも保健所は女性の割合が多いため、女性が多い薬剤師には働きやすい環境です。また公務員の肩書もあるため、長い目で見ても安定して働くことができるでしょう。気になる給料・年収ですが、初年度の平均年収が300〜350万円程度。薬剤師全体の年収が500万円前後ですから、それに比べるとずいぶん低くなります。ただ勤続年数に応じて昇給するため、初年度のままということはないので安心してください。

研究所で働く薬剤師も、決して高収入とはいえません。地方であればさらに低く、保健所の薬剤師とあまり変わらないでしょう。また研究所の求人も調剤薬局やドラッグストアなどに比べると少なく、仕事内容も特殊なので進んで転職したいという方はほとんどいないでしょう。それでも、薬剤師として新たなチャレンジをしたいという方には適しています。公務員なので雇用も安定していますし、給料・年収は低くても昇給制なので勤続年数に応じてプラスされるでしょう。

麻薬取締官で働く薬剤師は、非常にマイナーです。もしかしたら知らない方も多いのではないでしょうか。特殊な仕事なので給料・年収は高いのでは?と思われがちですが、事務職より若干高いだけで薬剤師全体では低くなります。ただ麻薬取締官は国家公務員なので、待遇や福利厚生は良いものが適用されます。そのため、超過勤務や休日出勤になってもきちんと支払われます。また住宅も、賃貸住宅であれば一定の住居手当も支給してもらえるでしょう。

他にも県庁薬剤師の仕事はありますが、全体的に給料・年収は低いことが分かります。特に初任給は民間より低く設定されており、就職・転職してすぐは良い給料を受け取ることができません。しかし、先にも述べたように勤続年数に応じて昇給していきますから、30代・40代では給料・年収に差が出てくるでしょう。

県庁薬剤師として働くメリットは、それぞれの仕事内容を省いて考えると『雇用が安定している』『福利厚生が充実している』『土日祝が休み』『残業が少ない』などがあげられます。給料・年収も初年度は低いものの将来的にはアップしますから、長い目で見て働くには安定しているといえるでしょう。まずは求人を確認し、どこが自分にとって適しているか、薬剤師としてのスキルを磨くことができるか比較してみてください。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.