県庁薬剤師のやりがい

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師のやりがい

県庁薬剤師のやりがい

県庁薬剤師は、一般的な薬剤師と少し異なります。薬剤師ですから資格があることは同じですが、調剤薬局やドラッグストアのように調剤業務や服薬指導などがありません。しかし県庁薬剤師の場合、いくつかの選択肢があります。主に保健所・麻薬取締官になりますが、他にもメーカー研究所や自衛隊、薬事情報センターなどがあげられます。当然それぞれ異なる業務内容ですから、どんなところにやりがいを感じるのか大きく異なるでしょう。

県庁薬剤師としてのやりがいをあげるとすると、”法整備や環境整備”などです。たとえば、地域医療や健康促進、衛生管理など。法的な面での仕事がメインになるため、薬剤師ならではの仕事を求めている方にはなかなかやりがいを感じられないかもしれません。

たとえば、県庁薬剤師で代表的な保健所と麻薬取締官にスポットを当ててやりがいをあげてみましょう。保健所は、薬事衛生・環境衛生・食品衛生に携わります。食品メーカーや公衆浴場などの検査や指導などを主な仕事とし、薬剤師とは違う新たな経験を得ることができます。社会のさまざまな仕事にかかわりますから、地域社会に貢献することができるでしょう。一見すると薬剤師としての経験やスキルを活かせないのではと思われがちですが、自治体が管轄している病院へ転勤になる場合もあり、さまざまな経験を得ることができます。そういったところに、やりがいを感じる方が多いようです。

一方で麻薬取締官は、その名のとおり麻薬に携わる薬剤師です。調剤や服薬指導がないため、保健所の薬剤師同様、薬剤師としての経験やスキルを重視する方にはなかなかやりがいを感じられないかもしれません。しかし、麻薬取締官という特殊な仕事であるぶん、地道な捜査の成果が出たときには大きなやりがいを感じることができるでしょう。こういった達成感が、麻薬取締官で働くメリットにもなるようです。

県庁薬剤師への転職を考えている方は、基本的に調剤薬局やドラッグストアのような仕事は求めていません。ですから、薬剤師としての経験やスキルを求めて転職をする方は少ないでしょう。しかし、今までとは違う経験をしたいという方にはさまざまなやりがいを感じることができます。今回は保健所と麻薬取締官で働く薬剤師のやりがいを紹介しましたが、メーカー研究所や薬事情報センター、自衛隊で働く薬剤師にもそれぞれやりがいがあるでしょう。

ちなみに、県庁薬剤師全体では、公務員なので仕事が安定していますし、長期的にみても安心して働くことができます。それを基盤に、各職種のやりがいを見つけてみてください。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.