県庁薬剤師の履歴書

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師の履歴書

県庁薬剤師の履歴書

県庁薬剤師は、さまざまな職種があります。そのため、履歴書の書き方も職種に合わせて変わってきます。

まず、県庁薬剤師にはどんな職種があるのかというと、『保健所』『メーカー研究所』『薬事情報センター』『自衛隊』『麻薬取締官』などが代表的です。薬剤師というと調剤薬局やドラッグストアなどが真っ先に思い浮かびますが、県庁薬剤師の場合、一般的な薬剤師の業務とは少し異なります。ですから、履歴書を書く際はそれぞれの職種の特徴をしっかり把握することが大切です。また自分の評価を上げるためには、履歴書だけでなく職務経歴書も用意するとよいでしょう。

履歴書を書くときのポイントは、やはり志望動機や自己PRといった『自分をいかにアピールできるか』になります。面接で直接持参する場合と郵送する場合がありますが、前者の場合は『もう一度会いたい』と思ってもらえることが大切。後者であれば面接に繋げることが大切です。それくらい、履歴書には重みがあります。『ただの紙切れでは?』という考えでは、採用担当者に響く履歴書を書くのは難しいでしょう。たった紙切れでも、その人柄が見えるのが履歴書です。それを理解して書くと、採用されやすい履歴書を書くことができます。これは、薬剤師に限ったことではありません。それくらい重要な書類と考え、履歴書を書くようにしましょう。

もちろん、志望動機や自己PRがきちんと書けているだけでは採用されない場合もあります。分かりやすい内容・ていねいな字・簡潔にまとめている。これらのポイントはクリアしていますか?また県庁薬剤師は、先にも述べたように特殊な職種がほとんどです。保健所であれば、医薬品の製造販売における許可や環境衛生、食品衛生にも携わります。厚生労働省から各種統計資料の作成を依頼される場合もあるでしょう。麻薬取締官であれば、麻薬に携わることになります。麻薬Gメンは、実は麻薬取締官として働く薬剤師のことを指します。『調剤薬局やドラッグストアであれば、お客さんに適した調剤や服薬指導、日用品などの販売が主な仕事になります。しかし、県庁薬剤師はそういった仕事は行いません。それらをきちんと理解して履歴書を書くこともポイントになるでしょう。

そのためには、『事前準備』も大切です。県庁薬剤師それぞれの職種がどんな仕事なのか、転職を希望する会社の概要や運営方針などにもしっかり目を通しておきましょう。履歴書は志望動機や自己PRが重要になりますので、それ以外は基本的にどの職種でも書き方は同じです。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.