県庁薬剤師で多い退職理由

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師で多い退職理由

県庁薬剤師で多い退職理由

薬剤師を退職する理由はさまざまです。そもそも薬剤師にはさまざま職種がありますから、退職理由も多岐にわたります。また薬剤師というと調剤薬局やドラッグストアで働くイメージが強いですが、県庁薬剤師のように保健所やメーカー研究所、麻薬取締官として働く薬剤師も存在します。これらは少し特殊な職種になりますから、退職理由も一般の薬剤師とは大きく異なってくるでしょう。

まず、県庁薬剤師として働くメリットですが、『福利厚生が充実している』『昇給がある』『長期勤務で他の職種より給料が高くなる』などが挙げられます。一番のメリットは、やはり福利厚生が充実していることでしょう。さまざまな待遇を受けることができるので、安定しています。しかし県庁薬剤師は先にも述べたように保健所やメーカー研究所、麻薬取締官などさまざま職種があります。当然それぞれ仕事内容が違いますから、メリットも退職理由も変わってきます。

あくまで県庁薬剤師全体で多い退職理由は、『給与が安い』『薬剤師としての経験を活かせない』『キャリアアップできない』などがあげられます。県庁薬剤師は、勤続年数が給与に影響します。そのため、初任給は調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師に比べると低くなりがちです。そのうえ、保健所やメーカー研究所、麻薬取締官など薬剤師とは遠い仕事に就きますから、これまで経験してきた薬剤師のスキルは残念ながら活かすことができません。もちろん薬剤師なので資格は必須ですが、キャリアアップをしたい方には不向きです。そういった理由で退職してしまう方は少なくないといいます。また、自衛隊や麻薬取締官といった県庁薬剤師でも特に特殊な職種は、募集が少ないこともありますが、自衛隊員であることや国家公務員の資格を取得していることが条件になります。応募する方はそれなりに理解していると思いますが、安易な気持ちで転職してしまうと続けるのは困難になるでしょう。

このように、県庁薬剤師でもっとも多い退職理由は上記のとおりになります。一般の薬剤師とは仕事内容や求められる知識が違うため、転職を考えている方はそれぞれの職種をしっかり理解し選択することをおすすめします。せっかくの公務員ですから、将来的な安定を考えるなら退職せずに働いたほうが自分のためにもなるでしょう。そして、『薬剤師の仕事』にこだわらず働いたほうがプラスになります。特殊な仕事だからこそ、考え方を変えることでやりがいを感じ退職を避けることができるでしょう。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.