県庁薬剤師の残業事情

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師の残業事情

県庁薬剤師の残業事情

ひと口に薬剤師といってもさまざまです。そのため、職種によって残業事情も異なります。県庁薬剤師は、行政機関で働く薬剤師のことで、保健所やメーカー研究所、麻薬取締官などがあげられます。調剤薬局やドラッグストアなどの求人が多い薬剤師ですが、県庁薬剤師は一体どんな仕事をし残業の有無はどうなのでしょうか?

まず、残業の有無について述べるとほとんどありません。業種によっては残業がないところもありますが、基本的にほとんどないので安心して働くことができます。これは、公務員であることが関係しています。そのため、定時で帰れるところがほとんどといえるでしょう。

ただあくまで県庁薬剤師全体の場合ですので、先にも述べたように業種によっては残業があるところもあります。ですから、転職を検討している方は事前に確認しておくと安心です。しかし、何度も述べているように県庁薬剤師は公務員ですから、一般の薬剤師のように残業になることはほとんどないでしょう。ライフスタイルとのバランスもとりやすく、勤務状況でストレスを溜めにくいのが県庁薬剤師のメリットになります。ですから、なるべく残業なしで薬剤師として働きたいという方は、県庁薬剤師も視野に入れてみるとよいでしょう。

先ほど県庁薬剤師は保健所やメーカー研究所、麻薬取締官などがあげられるといいました。保健所で働く薬剤師は、薬事衛生・食品衛生・生活衛生など主に衛生の仕事に携わることになります。地方公務員として働くケースが多く、地域住民の啓蒙活動や公衆衛生などを維持することになるでしょう。薬剤師としての経験やスキルもしっかり活かすことができます。メーカー研究所では、主に研究・開発に携わります。さまざまな部署があり、配属される研究機関によって仕事内容は異なります。麻薬取締官は、その名のとおり麻薬を取り締まる仕事です。県庁薬剤師のなかでも非常に特殊で、求人の数も多くありません。そのぶん需要は高いですが、麻薬Gメンと呼ばれているのが麻薬取締官で働く薬剤師になります。麻薬の取り締まり以外では、不正流通ルートや麻薬犯罪の捜査、正規麻薬の不正使用などを監視・捜査するのが主な仕事です。

基本的に残業がほとんどない県庁薬剤師ですが、麻薬取締官に関してはいつ事件が発生するか分からないため、生活は不規則になりやすいといわれています。そのため、深夜まで残業になる場合も休日出勤になる場合もあるでしょう。県庁薬剤師のなかでは唯一勤務時間が不規則になりやすい業種かもしれません。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.