県庁薬剤師の志望動機・自己PR

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師の志望動機・自己PR

県庁薬剤師の志望動機・自己PR

転職では、履歴書の志望動機と自己PRが重要になります。倍率が高いところへ転職する場合は、なおさら履歴書の重要性が高くなるので、採用率をアップさせるためにも正しい書き方・成功する書き方をマスターしましょう。

まず志望動機です。志望動機とは、分かりやすくいうと”なぜその会社を選んだのか”という志望した動機になります。自己PRは、”自分をアピールする事柄”です。履歴書では、いかに採用担当者の心を掴む書き方ができるかが大きなポイントになるでしょう。

志望動機を書くときの注意点は、1.ポジティブに、2.具体的に、3.会社についてきちんと調べること。1は特に意識して書く必要があります。というのも、ネガティブな内容はそれだけでマイナスになってしまうからです。入社後どのような職務にチャレンジしてみたいか、自分のキャリアを活かしたいかなどポジティブな内容を書くことで好印象を与えることができるでしょう。ただポジティブな内容にするだけでなく、薬剤師として成長していきたいことを伝えると採用率はグンとアップします。そのためには、具体的かつ会社についてきちんと調べておくこともポイントになるでしょう。簡潔でありながら読みやすく伝わりやすい内容を意識できれば良い履歴書を書くことができるはずです。

県庁薬剤師のように、調剤薬局やドラッグストアとは異なる特殊な職務が多い薬剤師は、より会社についてきちんと調べそれに触れることが重要になるでしょう。

自己PRも、やはり具体性が求められます。しかし、ただ自分をアピールするだけでは採用に繋がりません。薬剤師としてどんな経験をしてきたのか、その経験や能力を活かして仕事をしたいなど、自身の性格や長所を織り交ぜながら仕事と結びつけて書くことで大きなメリットに繋がるでしょう。

ちなみに、県庁薬剤師にはいくつかの職種があります。代表的な県庁薬剤師は、”保健所””自衛隊””衛生研究所””麻薬取締官”など。保健所では、国民の健康を支える啓蒙活動を、自衛隊では隊員の環境衛生や食品衛生などを管理します。衛生研究所では、化学者として活躍することのほうが多いかもしれません。さまざまな研究に取り組み、薬剤師の知識を活かしていきます。麻薬取締官は県庁薬剤師のなかでも非常に特殊で、国家公務員として働いている薬剤師の方も少なくありません。その名のとおり薬物に携わる仕事です。調剤薬局やドラッグストアのように調剤や服薬指導などを行うことはありませんが、薬剤師としての経験は十分活かすことができます。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.