県庁薬剤師の面接対策

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師の面接対策

県庁薬剤師の面接対策

少しでも採用率を上げるなら、面接対策もしていたほうがよいでしょう。しかし、面接対策ってどのように行えばよいのか疑問に感じている方は少なくありません。特に薬剤師のように職種によって業務内容や求める人材が異なる場合、どんな面接対策が成功に繋がるのかは難しいところ。だからこそ、きちんと調べて対策を練るのが成功に繋がります。

まず、面接での定番の質問はしっかり対策をしておきます。定番の質問とは、『なぜ弊社を選んだのか』『これまでの経験』といった志望動機や自己PRなどに繋がる内容です。人物重視の会社であれば、なおさらこれらの質問は聞かれると思っておいてください。県庁薬剤師の面接だからといって必ずしも質問されるわけではありませんが、やはり定番の質問はある程度対策を考えておいたほうが安心です。ポイントは、『過去の経験による苦労と、それによって得たこと』『県庁薬剤師として働くうえで得た経験をどのように活かすことができるか』など。より具体的に伝えられるようにしておきましょう。自己PRを伝えるときのポイントは、1.自身の強み、2.強みに対する根拠や体験談など、3.体験から得たこと、4.得たことを県庁薬剤師としてどのように活かしていくか。この4つのポイントをおさえながら伝えると、分かりやすいでしょう。『結論から答える』ことが重要になります。

県庁薬剤師は、地方公務員であれば『なぜ○○県を志望しているのか?』という質問にも答えなければいけません。ここでは、単に生まれ故郷だから志望したというな単純な内容はNGです。理由としても弱いですし、働きたいという気持ちが伝わりません。この場合、自治体の方向性と自身の未来、生まれ故郷に対する想いなど深く掘り下げて伝えると説得力があり採用に繋がりやすいでしょう。これは、『なぜ○○市を志望しているのか?』『生まれ故郷以外を志望する理由』という質問でも同様です。

また、県庁薬剤師は保健所・衛生研究所・自衛隊などさまざまな職種があります。これらの仕事内容は、当然異なります。ですから、面接で聞かれる質問にも差が出てくるでしょう。たとえば、保健所は国民の健康を支えるのが主な仕事ですが、自衛隊は自衛隊の環境・食品の管理を行うのが仕事になります。ですから、各職種の仕事内容を知ることも面接対策に繋がるでしょう。

面接対策は、完璧でなくてもかまいません。やる気と向上心が伝われば、上手く伝えられなくても採用される可能性はあります。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.