県庁薬剤師の向き・不向き

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師の向き・不向き

県庁薬剤師の向き・不向き

県庁薬剤師は調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師とは少し異なります。そのため、向き・不向きがはっきり分かれます。代表的な職種をもとに、どんな薬剤師が向いているのか、もしくは不向きなのか事前に確認しておきましょう。

まず、県庁薬剤師は公務員薬剤師です。職種は、保健所・自衛隊・メーカー研究所・薬事情報センター・麻薬取締官などがあげられます。これらの職種を見ても分かりますが、それぞれ仕事内容が異なります。

保健所で働く薬剤師は、さまざまな環境に適応できる人です。また主に国民の健康を支える啓蒙活動を行うため、多くの人の健康維持に役立ちたい気持ちが強い方にも向いているといえるでしょう。薬剤師であればそう考えるのが当たり前ですが、保健所の場合、薬物の許可や監視、販売許可などに携わるため、これらに興味がなければ働くのは難しいかもしれません。自衛隊は、まず自衛隊であることが第一になりますから、自衛隊員になりたい人でなければ薬剤師であっても難しいでしょう。自衛隊の仕事にも興味があれば、やりがいも感じやすく非常に適した人といえます。ただ自衛隊の薬剤師は求人も少なく採用人数も多くありません。

それは薬剤師のなかでも特殊な仕事であることが関係していますが、だからこそ薬剤師というだけで働くのは難しい職種でもあります。メーカー研究所は、化粧品やその他メーカーの研究を主に行います。そのため、薬剤師でありながら科学者でもあり、科学に興味がある方が向いているといえます。また、商品開発や新しい成分を研究するため、これらに興味がある方も適しているといえるでしょう。薬事情報センターは、薬事情報センターの職員として働きます。薬剤師としての経験や知識を活かし、薬に関する情報を提供します。幅広い知識が求められるため、薬剤師としてのキャリアアップを考えてる方にも適しているでしょう。

そして、麻薬取締官です。麻薬Gメンとも呼ばれており、麻薬に携わるのが特徴です。自衛隊に続き特殊な仕事であるため、麻薬取締に興味がなければなかなか働くことができません。そのため、薬剤師としての経験を活かしたい方にはあまり適していないでしょう。どちらかというと、正義感がある方や地道な捜査に興味がある方などに向いているといえます。また、薬剤師の他に国家公務員試験一般職試験の行政・電気/電子/情報・化学のいずれかも合格している必要があります。

もし県庁薬剤師への転職を考えている方は、自分がどの職種に適しているか考えて選択しましょう。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.