県庁薬剤師の採用基準

県庁薬剤師TOP >> 県庁薬剤師の転職の基礎 >> 県庁薬剤師の採用基準

県庁薬剤師の採用基準

県庁薬剤師は、公務員薬剤師を指します。公務員であることが前提にあるため、薬剤師の資格はもちろんのこと国家公務員の資格も必要になります。そのため、採用されるにはまず国家公務員の資格を取得する必要があります。そして、県庁薬剤師には保健所・麻薬取締官などさまざまな種類があります。それぞれの採用基準も違いますから、転職を考えている方は”どんな人が採用されるのか”事前に確認しておくことで採用率が上がります。

代表的な県庁薬剤師の採用基準を見てみましょう。まず、”保健所”です。保健所は、行政機関ですので先にも述べたように公務員資格が重要になります。ですから、採用されるには資格を取得していることが第一になるでしょう。もちろん薬剤師の求人ですから、薬剤師の資格は必要不可欠。しかし、公務員試験は応募期間が短く、試験を受け受理してもらうまでの期間を考えて応募しなければ試験を受けられません。試験を受けられないということは、当然保健所薬剤師の求人に応募できないということになります。ちなみに、試験の応募期間は約20日間。また保健所の薬剤師はほとんどが地方公務員になります。そのため、地方によっては募集していない場合もあり、そうなるといつまで経っても求人を見つけることができません。保健所薬剤師は、国家公務員の資格はもちろんのこと、応募のタイミングも重要になりますので、十分注意してください。それ以外では、やはり保健所の仕事に興味がある方です。薬剤師という枠を超え、衛生や健康、地域の人の生活などについても興味がある方でなければいけないでしょう。

では、麻薬取締官はどうでしょうか?同じ県庁薬剤師でも、麻薬と名づけられていることから仕事内容は違うのが分かります。保健所では、国家公務員の資格取得が必要でしたが、麻薬取締官で薬剤師として働く場合、”厚生労働省麻薬取締部の採用試験”に合格する必要があります。これが一番の採用基準になるでしょう。もちろん、国家公務員一般職に合格していることも条件になります。

このように、県庁薬剤師として採用してもらうためには、薬剤師の資格だけでなく国家公務員の資格、麻薬取締官であれば先にも述べたように厚生労働省麻薬取締部が実施している採用試験に合格しなければいけません。そもそも、県庁薬剤師の求人は調剤薬局やドラッグストアなどの一般薬剤師の求人に比べると少ないでしょう。ですから、前途の採用基準をクリアしていれば比較的採用されやすくなります。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.