埼玉県の県庁薬剤師求人

県庁薬剤師TOP >> 地域別の県庁薬剤師求人 >> 埼玉県

埼玉県の県庁薬剤師求人

薬剤師の求人のひとつに県庁薬剤師があります。県庁薬剤師は調剤薬局やドラッグストアなどと違い、一般の求人サイトやハローワークなどでは募集しておらず、各自治体のホームページや転職サイトから応募することができます。また県庁薬剤師は公務員なので、一般的な薬剤師より雇用や福利厚生などが安定しているのが特徴です。埼玉県でも、年に何度か県庁薬剤師の求人を掲載しています。

公務員薬剤師として働く場合、採用試験を受けることになりますが、薬剤師は基本的に上級試験になります。そのなかで免許資格職職員採用試験を受けることになります。採用人数はその年によって異なるので、採用試験について掲載されたら確認しておきましょう。ちなみに、平成29年度の薬剤師求人は8名。主な職務は、薬事や毒物などの監視指導や食品衛生や環境衛生の環境指導などになります。基本的に保健所やメーカー研究所での薬剤師として働くことになりますが、県立病院に勤務する場合もあり、こちらは別の制度によって行われます。監視指導でも薬剤師の経験やスキルを活かすことはできますが、服薬指導や調剤に携わる機会がないため、県庁薬剤師だからといって薬剤師の仕事を期待すると失敗します。しかし同じ公務員薬剤師でも、県立病院への勤務になると薬剤師の経験やスキルが役立つでしょう。

このように、埼玉県で県庁薬剤師として働くには公務員試験に合格する必要があります。試験内容は、1次と2次に分類され、地域によっては3次まで実施しているところもあります。埼玉県では、1次試験と2次試験が実施されます。1次試験では教養試験や専門試験などが出題され、40〜50問程度のところが多いようです。埼玉県でも同様の問題が出題されます。2次試験では、集団討論と個別面接に分けられます。県庁薬剤師として働くにはコミュニケーション能力が重視されるため、面接では人物重視するところが多いのでしょう。試験に合格すると、晴れて埼玉県の県庁薬剤師として働けるようになります。埼玉県以外からでも応募できますが、基本的にその県出身者のほうが有利になるようです。

気になる給与ですが、初任給で約23万円。公務員の薬剤師は全体的に初任給が低く設定されていますが、そのぶん勤続年数が重視されるため、長年働くとしっかり給与がプラスされます。ですから、長い目で見ても安定して働けるでしょう。また、待遇や福利厚生も充実しています。これは公務員薬剤師のメリットではないでしょうか。特に育児や産前産後の支援制度が充実していますから、女性の薬剤師が安心して働くことができます。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.