岡山県の県庁薬剤師求人

県庁薬剤師TOP >> 地域別の県庁薬剤師求人 >> 岡山県

岡山県の県庁薬剤師求人

岡山県では、薬剤師として活躍したい方を募集しています。薬剤師は調剤薬局やドラッグストア、病院などの勤務がほとんどで求人を見てもこれらが目立ちますが、県庁薬剤師はそれらの薬剤師とは少し異なります。それは、”公務員”ということです。ですから、県庁薬剤師として働くにはまず公務員の採用試験に合格する必要があるでしょう。

岡山県のホームページを見てみると、募集している薬剤師は4つ。”医薬品メーカー””麻薬・覚せい剤など””環境衛生””食品衛生”。医薬品メーカーでは、安全な医薬品を供給するために監視指導を行うのが主な仕事になります。麻薬・覚せい剤などの危険ドラッグは、医薬安全課・保健所での勤務になり、乱用を防止するための啓発を行っています。薬剤師としての知識を存分に活かすことができるでしょう。環境衛生では、関係業務を行います。たとえば、理容・美容・公衆浴場・水道など。これらの監視指導を行うのが主な仕事です。食品衛生では、飲食店や給食施設などで食中毒を防ぐために、普及啓発などを行うことになるでしょう。これらが、岡山県の県庁薬剤師の主な業務内容になります。

薬剤師というと、調剤薬局で患者さんの調剤や服薬指導を行ったり、ドラッグストアで化粧品やカウンセリング販売などを行ったり、病院で医師や看護師のサポートをしたりなどが基本になります。しかし、上記の業務内容を見るとそういった業務は一切ありません。県立病院での勤務になれば調剤業務もありますが、基本的に一般的な薬剤師の仕事とは少し異なると考えておくと良いでしょう。ちなみに、主な配属先は保健所や環境保健センターなど。岡山県には5つの保健所があり、いずれかに従事することになります。

一見すると”薬剤師としてのキャリアアップはできないのでは?”と思われがちですが、薬剤師として新たな経験を得ることができ、自分自身をステップアップさせられるというメリットがあります。またこれまで薬剤師として経験したことも役立つので、大変やりがいがあるでしょう。

気になる給与ですが、初任給で約21万円。これは、公務員の薬剤師であればどの地方もほとんど同じです。これに地域手当や扶養手当、住居手当などさまざまな諸手当がつき、職歴なども考慮され個人によって多少変動することになります。基本的に、公務員は初任給が低く、徐々に昇給していくシステムになっているため、勤続年数が長くなるほど良い給与を得ることができるでしょう。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.