新潟県の県庁薬剤師求人

県庁薬剤師TOP >> 地域別の県庁薬剤師求人 >> 新潟県

新潟県の県庁薬剤師求人

薬剤師の転職で、県庁薬剤師を希望される方も少なくないでしょう。県庁薬剤師は、各県で実施している公務員の薬剤師で、薬剤師の資格を持っていれば基本的に誰でも採用試験を受けることができます。調剤薬局やドラッグストアなどで働く薬剤師とは異なり先ほども述べたように公務員ですから、まずは公務員の試験に合格しなければいけません。試験が実施されるのは、地域によって異なります。そのため、場合によっては申し込みを行っていないこともありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。また採用試験は職種によって申し込み期間が異なります。

新潟県の県庁薬剤師求人を見てみると、薬剤師の場合、採用試験は『大学卒業程度』。採用人数はその年によって異なります。勤務時間は、原則で8時30分〜17時15分。休憩12時〜13時の1時間程度になります。県庁薬剤師はいわゆる公務員なので、規定された勤務時間以上働くことはほとんどありません。そのため、残業も少ないのが特徴です。ただし麻薬取締官のように特殊な薬剤師の場合、深夜勤務や休日出勤もあります。とはいえ、時間外勤務の手当がつくので安心です。その他の薬剤師であれば、先ほど述べた勤務時間が原則になるでしょう。

気になる給与ですが、職種によって異なります。薬剤師の場合、約21万円。県庁薬剤師の平均月給が20万円といわれていますから、初任給は新潟県以外でも比較的同じでしょう。それに地域手当がつくため、微妙に変動します。県庁薬剤師の初任給は、決して高いとはいえませんが、勤続年数でプラスされるため、40代・50代になると700万円以上になるケースも十分考えられます。新潟県のように薬剤師不足が目立つ場合は、都心部より給与・年収は高くなりやすいでしょう。また、県庁薬剤師は待遇や福利厚生が充実しています。完全週休2日制で十分休みも取れますから、精神的にも肉体的にも無理がないでしょう。

新潟県は、将来希望のある街を目指してさまざまなことに取り組んでいます。そのため、多くの分野にチャレンジ精神を持って取り組んでいる方ばかりです。県庁薬剤師は、それらをサポートするのが主な仕事になります。職種を分類すると、保健所やメーカー研究所、麻薬取締官など。求人では保健所や麻薬取締官などが多いですが、県立病院など調剤や服薬指導などを行う場合もあります。

新潟県が好きな方や、新潟県に住んでいる薬剤師の方は、ぜひ県庁薬剤師を目指してみてください。きっと人生のプラスになるでしょう。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.