神奈川県の県庁薬剤師求人

県庁薬剤師TOP >> 地域別の県庁薬剤師求人 >> 神奈川県

神奈川県の県庁薬剤師求人

県庁薬剤師は、各県庁のホームページで募集しています。常時募集しているわけではないので、転職を検討している方は随時確認することをおすすめします。

神奈川県では、職員採用ページにて薬剤師の求人が掲載されています。主な配属場所は、薬務課・保健福祉事務所など。さまざまな部署がありますので、ホームページにて確認してください。職務内容は、医薬品製造や薬事関連施設、麻薬取扱施設などで監視指導を行います。また医薬品などの品質確保や適正使用などの推進も仕事のひとつです。配属される部署によって職務内容が異なりますので、県庁薬剤師がどんな仕事をするのか事前に確認しておくと安心。他にも、食品製造所や販売店などの食品衛生の監視指導、理容・美容・クリーニングなどの生活関係営業施設などでの監視指導などにも係わることになるでしょう。

では、神奈川県で県庁薬剤師として働く場合、倍率はどうなのでしょうか?結論からいいますと、時期によって異なります。そのため、地方上級で公務員採用を行っていることもありますし、難易度が下がっている場合もあります。ですから、常に倍率が高いというわけではなさそうです。ちなみに、採用予定数は100〜150人程度が通例といわれています。数字だけを見ると、非常に多くなります。関東地方には神奈川県以外にも各地に県庁薬剤師の求人募集が行われていますが、全国的に見ても基本的に倍率は高いといえるでしょう。数年前には8、9倍もの倍率だったといわれているほどです。しかし、神奈川県の県庁薬剤師は、試験より面接を重視しているといいます。そのため、試験は比較的合格しやすく、面接で厳しくチェックされることになるでしょう。もちろんその年によって倍率の差はありますが、人物重視であるため採用試験に関してはある程度勉強していれば合格しやすいといえます。

給与ですが、初任給は全体的に低めです。これは神奈川県に限ったことではありません。経験やスキルなどによって変動しますが、まったくの未経験であれば決して良い給与を得られるとは思えないでしょう。しかし、県庁薬剤師は勤続年数が給与に大きく響いてきますから、長く働くほどプラスになるのは事実です。たとえば、某求人では初任給約19万円とありますが、経験3年で約22万円、経験5年で約23万円となっています。そのうえ、待遇や福利厚生が充実していますから、女性なら育児と仕事を両立させやすいでしょう。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.