広島県の県庁薬剤師求人

県庁薬剤師TOP >> 地域別の県庁薬剤師求人 >> 広島県

広島県の県庁薬剤師求人

広島県の県庁薬剤師求人は、広島県のホームページまたは転職サイトから応募することができます。正確には、採用試験を受けることになります。県庁薬剤師は、いわゆる公務員です。そのため、調剤薬局やドラッグストアなどで働く薬剤師とは少し異なります。ですから、まず公務員の採用試験を受け、合格した人のみ県庁薬剤師として働くことができます。採用試験が実施される時期は、広島県のホームページで確認することができます。薬剤師は、本庁または県立病院での勤務になります。本庁の場合、薬事・毒物などの監視や食品衛生、理容・美容の生活衛生などに携わることになるでしょう。一方で県立病院の場合、調剤に携わります。薬剤師としての経験やスキルを活かしたいという方は、やはり県立病院を選択するのが賢明です。

ちなみに、県庁薬剤師は主に保健所やメーカー研究所、麻薬取締官などに分類されます。もう少し細かくいうと他にもさまざまな職種がありますが、基本的に保健所やメーカー研究所、麻薬取締官の求人が多いでしょう。保健所では、保健福祉事務所や保険福祉センターなどで公務員薬剤師として働くことになります。薬剤業務も担当しますが、食品衛生や環境衛生に携わることのほうが多く、集団検診など幅広い業務を担当することになるでしょう。広島県の住民の生活と健康を支援するのが主な役割になります。一方で麻薬取締官は、別名麻薬Gメンと呼ばれており、その名のとおり危険ドラッグなどに携わることになるでしょう。薬物犯罪防止や麻薬に関し、薬物乱用防止の啓蒙が主な仕事です。また、麻薬取締官の場合、国家公務員になります。薬剤師のなかでも特殊な職種になるため、特別司法警察の権限も与えられています。

給与・年収は、基本的に全国一律です。公務員として支払われるため、初任給は決して高いとはいえません。しかし、勤続年数が影響するため、同じ場所で何年も勤務すれば700万円以上の年収になるケースもあるでしょう。というわけで、初任給は月20.8万円、年収300万円程度となっています。それに地域手当がつくため、地域によって微妙に初任給が変動します。また4年制と6年制の場合や、経験やスキルなどを考慮すると個人で差が出るでしょう。また、県庁薬剤師は公務員なので待遇や福利厚生も充実しています。特に嬉しいのが、育児や産前産後休暇です。県庁薬剤師(特に保健所)は女性も活躍していますから、安心して働ける職種といえるでしょう。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.