千葉県の県庁薬剤師求人

県庁薬剤師TOP >> 地域別の県庁薬剤師求人 >> 千葉県

千葉県の県庁薬剤師求人

千葉県では、薬剤師の資格を持っている方の県庁薬剤師を募集しています。県庁薬剤師は公務員なので公務員試験に合格する必要がありますが、薬剤師の資格を持っていれば基本的に誰でも採用試験を受けることができます。

求人は、主に県庁のホームページで確認できますが、転職サイトなどでも掲載しています。残念ながらハローワークや求人雑誌などでは掲載されていないので、県庁薬剤師への応募を検討している方は、千葉県のホームページを確認することをおすすめします。県庁薬剤師は先にも述べたように公務員ですから、公務員の試験に採用されることが重要です。公務員試験は、薬剤師以外にもさまざまなジャンルがあり、薬剤師は『知事部局勤務』『病院局勤務』に分けられます。知事部局勤務では、医薬品などの製造業務をはじめ、監視指導、薬物乱用防止対策に携わることになります。県庁薬剤師は保健所・メーカー研究所・自衛隊・麻薬取締官などに分けられますが、千葉県ではすべて知事部局勤務に分類されます。病院局勤務では、薬品の調剤や製剤、無菌調整、チーム医療、服薬指導などの業務に従事しますので、薬剤師としての経験やスキルを活かして転職したい場合は病院局勤務がベストでしょう。

先にも述べましたが、県庁薬剤師は公務員薬剤師です。ですから、各自治体が実施している採用試験を合格することが重要になります。千葉県では、上級・中級・初級・資格免許職・警察官採用・採用選考考査などがあります。このなかで薬剤師が受けられる試験は『資格免許職』です。試験に合格すると晴れて県庁薬剤師として働くことができるようになるでしょう。

では、採用試験の難易度はどれくらいでしょうか。同じ県庁薬剤師でも、採用試験の難易度は地域によって異なります。千葉県では、5段階評価で事務が4、技術が3上となっています。試験は1次・2次・3次があり、個別面接ではコミュニケーション能力や意欲などもチェックされます。また県庁薬剤師はほとんどが地方公務員です。国家公務員の資格とは異なります。しかし麻薬取締官のように特殊な仕事に就く場合は、国家公務員の資格が求められます。できれば地方・国家どちらも勉強していたほうが有利になるでしょう。また自衛隊での薬剤師は自衛隊員であることが大前提であり、なかなか希望者はいないといわれています。難易度は決して低いわけではありませんが、保健所やメーカー研究所であれば比較的採用されやすいでしょう。

県庁の薬剤師求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 県庁薬剤師転職ナビ All Rights Reserved.